2015年12月31日

高藤聡一郎氏が観た世界の未来その2(対策編)

前の記事で、日本を含め、世界の未来はよろしくない方向へ向かっているのだと書いた。

「察気の法」では、特に日本についてこんな酷評が書かれている。

「私の思うところ、この国の隆盛期が完全に過ぎたのである。
易ではないが、陽極まれば陰となり、陰極まれば陽となるのである。
つまり、日本の国全体の衰退期なのだ。
人が無策、無気力なのは、衰退した気を受けているせいである」

では、いったいどうしたらよいのか。
まあ、おきまりのことだが、やはりこうなる。
「仙道をおやりなさい。そして察気の法をマスターしなさい」

仙道はいろいろな本もあるので独習も可能だろう。
なら、察気の法はどうする。

察気の法は簡単に言えば「気をもって外の兆候を読み取る」術ととらえられる。

もう少し具体的には。
最初は体内でしか感じられなかった気を、大・小周天などの行により、外から来る大きな気を感じられるようにしていく。

実際のところ、自分の体内の気などより、外からの気(エネルギー)の方が圧倒的に大量で強力である。
通常の人の場合、外からの気(エネルギー)に対しては、感じられないというより無意識的に感じないようにシャットアウトしているのだ。
これは、無意識の自己防衛システムでもある。
(コントロールもできないうちから、外からの圧倒的なエネルギーにいちいち感応していたら、体と精神が持たない)

外からのエネルギーや兆候を感じ取る訓練を行っていき、未来の結果とリンクさせていく。

兆候を感じ取る訓練ができてから、察気の方独特の思考法を2つ学ぶ。
「他者選択の発想」と「無我の発想」の2つだ。

「他者選択の発想」とは、察気の法においては、未来というものは一本道なのではなく、いくつも枝分かれしている道のようなもので固まったものではなく、選択肢が多数あるというもの。

「無我の発想」とは、自分にとって嫌なこと不利益なことを一切気にとめない発想だ。
ポジティブでもなくネガティブでもなく、気が充実し、かつ意識が消え去った状態を目指す。
こうなると自分に対する執着も消えるため、より的確に未来を見通せるようになるという。

高藤氏曰く。
「これをマスターすれば、必ずやあなたはものを予測しながら行動する、未来型の人間になれるだろう。
これからの時代は、そういう人しか生き残れないのだ」
だそうだ。


しかしねえ、、。
これが簡単にできれば、誰も苦労はしないって、、。
というわけで、よいお正月を。

posted by ポンタ at 23:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年12月27日

高藤聡一郎氏が観た世界の未来

年末も押し詰まってきたので、こんな題材にしてみた。

仙道未来予知 察気の法」で書かれた世界の未来である。

まあ、はっきり言って「よろしくない」。
以下簡単に主要項目を列記してみよう。
(この内容が書かれたのは1988〜1989年であることを認識してもらいたい)

1)米ソ間で最終戦争が行われどちらかが消滅する

2)核兵器、化学兵器、細菌兵器などが使用される

3)世界中の広い範囲で国が経済破綻する

4)日本は必ずそのとばっちりを受ける

5)日本は残っているが経済は冬のような状態になっているだろう。それは1995年頃だろう

6)日本人の人間的な資質は1991年以後に生まれたものから極端に落ちたものになる

7)日本はアメリカの後追い国家なので、アメリカの10〜15年くらい前の社会状態が出現する

8)自由放任・犯罪的な社会に入っていく

9)貧富の差が激しくなり、社会が不安になる

10)金持ちの富がまず失われ、次いで中間層の金が狙われ、最後に金の無い人たちもいろいろとむしり取られて没落していく

さあ、どうだろうか。
「ぞっと」したのではないか?
特に、10番目のものに関しては、「合法・非合法的にお金をだましとられるような状態になるので、あらゆるものに注意しながら生きていかないといけない」ということだ。

たしかに、「昔の方が今よりも良かった」と思えることが多いと思うのは自分だけだろうか。
経済的には世界でも豊かな国のはずなのに、世界でも男性だけ、自殺率が異常に高いこの国はどこか病んでいるように思える。

高藤氏が日債銀(日本債権信用銀行)の破綻を察気の法で予知し、取引をやめたという体験談がある。
ーーーーー仙道未来予知察気の法より引用ーーーーー
予知の二回目は日債銀のときだ。
ここにも少し預金があり、ある時期から嫌な感じが来るようになった。
何しろ名前を聞くと、不安な感じになるのである。
中略
そんなおり、経済の専門家が「銀行の株価が200円を割りだしたら注意した方がいい」というのを気いた。
また、発行する債券の利息が、他より異常に高くなったら気をつけろという記事を目にした。
中略
そして、1996年の9月、自分の気の感じと情報(ここまで来ると兆候という)から、間違いなく日債銀は破綻するという確証をつかんだ。
そして、思い切って取引をやめた。
ーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーー

氏が出した最後の著作である本書こそが、仮タイトル「仙道サバイバル術」として紹介されていたものなのだが、国家が混乱・崩壊していくとき、そこに住む国民はどうしたらよいのだろう。

まいいか、、。
次回の更新は未定(いつものことだが)であるが、お正月中にはこの続きを書いてみたい。
posted by ポンタ at 22:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年12月24日

「気」は強化できる?できない?

10年くらい昔の事だ(ったと思う)。
とある、オンラインチャットルームに入り浸っていた時期があった。
そのチャットルームはそのものずばり仙道、気功、神秘行、中国拳法などの話題専門のチャットルームであった(今でもあるかどうかはわからない)。

あまり良い事を書くのではないので、そのチャットルームの名前や、出会った人たちのHNは伏せることにする。
ある日、とある常連さんとチャットしていて、「気」を強化する話題になった。
その常連さんは、中国拳法を中心に気功や仙道を行っているという人で、「気をどこまでも強化していくのが目的なんです」みたいなことを言っていた。

そこで自分が一言「え、気ってただのエネルギーなんですから、強化すると言っても無限大にどこまでも強化なんてできませんよ。個人個人の体重に比例する分量以上には物理的には増やせませんよ」と言ってしまった。
その人は、「ああ、あなたとは考えがあわないですね」と、チャットは終了してしまった、滝汗。

でも、考えてみてもらいたい。
「気」がエネルギーであるなら、物理の法則に縛られるはずである。
だとすれば、個人個人の保有できる気の強さは質量(体重)に比例するのではなかろうか。

そんなことになっちゃったなら、高藤氏の仙道本とかで一生懸命「気を強化しろ」と書かれていることを真に受けて修業に励んでいる人たちはどうなっちゃうんだ??
もしかしたら、自分が間違えているのか?
それとも、巷に沢山いる(かどうか知らないが)仙道修行者たちの夢を砕いてしまったのか?

これは、高藤氏自身も後半に出した著作の中では書かれているが、仙道においては「気」は強化するものではなく、「質」を変化させていくものなのである。
(中国拳法の世界では無限大に気を強くできるのかもしれないが)

繰り返すが「気」は強化ではなく変質させていく。
これが秘訣なのだ。

具体的にいえば、、。、
最初は単なる熱気。
次は熱気以外の微風や磁力。
次は流れのある液体。
次は固まった固体。
ラストは全部溶かして無くす。

続きはまた次回に。

posted by ポンタ at 23:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年12月23日

仙道と健康法の関係

仙道と健康法の関係は、大いにあるといえる。
仙道の基礎においては、ずばり健康法そのものといってもいいくらいだ。
なぜなら、他の神秘行と違い、仙道は自己の生命力を高めていくことが最大目的だからだ。

究極的には高めた生命力を用いて、意識体(?)を強化し物質的特性を持たせるまでに強化するということなのだが、これについては謎が多すぎて自分ごときでは今は何とも言えない。

ただし、仙道による健康や不老(というより抗老化、つまりアンチエイジング)については、自信をもって言える。
仙道の上達イコール健康&アンチエイジングといってよい。
(ひとえに、自分が老けたオッサンでメタボなのは修業をサボって怠けているからである、笑)

仙道は、いわゆる苦行ともなんの関係もない。
苦行はやらないのだ。

最近、とある著名な日本人ヨガ指導者の著作を読んだのだが、目が点になった。
なんとかのポーズを何万回とか、なんとかの呼吸法を何万回とかをクリアしないといけないとか、チェックシートがついてきたりしていた。
こんなのを現実にやったりしたら、そりゃ光が見えだしたり、イメージの世界に参入できたり、クンダリーニ?が目覚めたりするかもよ。
これだけ体と精神を究極まで傷めつければ、体は苦痛からのがれようと幻覚を発現させる可能性が高い。

幻覚は幻覚であって、実際に体の機能が向上した結果、感覚や能力が発現したわけじゃない。

もし、今までになかった能力や感覚が発現してしったとしたら。
それが、偶発的なものや無理やりであった場合は、たいてい本人は大変な精神的苦痛を覚えることになる。

仙道の場合、生命力と精神力を高めていくことをもっぱらの主眼としているから、体に悲鳴を上げさせて幻覚を無理やり起こさせるような無茶はやらない。
生命力と精神力が進化した結果として、超感覚的なものは徐々にあらわれていくのだ(とされている)。
ともあれ、仙道において超能力は目的とされていないし、必要ともされていないのだけど。
求めているのは、健康、不老長寿とかですな。

張明彦氏も著作で述べておられるように、仙道における飛翔(意識体を物質化して分身として活動させ、やがては不老不死となる)には、私も懐疑的です。
ま、そんなこと書くと夢もなにもないようだけど。
じっさいのところ、健康やアンチエイジングができるだけでもこの世ではかなりイイと思いませんかね
posted by ポンタ at 23:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年12月20日

相場で儲けるための仙人的テクニックその6(応用編)

今回は、気の感覚化能力があまり開発されていなくてもできる、やさしい相場の値動きの掴み方である。
無論、「仙人的に」ということなので、巷にあふれているようなありきたりのチャート分析やらは使用しない。

例によってお断りしておくが、今回の記事によって相場で売買を行い損失を被ったとしても、私は一切責任を負うことはできない。
あくまで、自己責任において判断して記事を読んでもらいたい。


相場といっても、最近ポピュラーなのは株とFXであるが、今回は株を前提とする。
個人的な経験からいって、FXよりも株の方が気の強さと値動きとが一致しているような気がするからだ。
株は企業の経営者や社員の熱意や意気込みが株価に反映されている。
しかし、FXの銘柄(通貨)では、その国の国民の熱意や意気込みが反映されて(?)その国の通貨が上昇するとは思えない。
というわけだ。

では、いきなりやり方から解説する。
やりかたというより、値動きを掴むための道具の作り方といっても良い。

自分が売買しようとする株の銘柄をまず少数選択する。
できれば銘柄はたった一つだけ。
多くても3つくらいまで。
(少なければ少ないほど感覚の集中が効率的になり、より値動きを掴みやすい)
選択した銘柄の終値を上から順に毎日手書きでノートなどに記入して記録していく。
道具作りはこれだけである。
あとはこれを毎日行っていく。
この作業(修業)を最低でも半年くらい続けていくと、何かしらの値動きに対する感覚が養成されるはずである。
「騰がりそうだ、下がりそうだ」
「騰がるのは何日くらいのリズムが多い」
などがある程度わかってきてから、最低株数でその感覚を利用して売買してみる。
この際、巷のテクニカル分析やオシレータ数値などは一切視ないほうが良い。
コツは機械的に売買しようとしないこと。
(巷で流行りのシステムトレードでは勝てない)
あくまで、自分の養成された感覚のみを活用して売買する。
また、終値を記入していく作業(修業)を怠らないこと、さもないとこれはただの霊感ヤマ感売買になってしまう。

こういった練習法、売買法は、実は昔からあるようで、いわゆる相場師(株式売買益のみで生活する人)たちの間でおこなわれていたらしい。
自立のためにプロが教える株式投資」では、もうすこし親切?な練習方法が載っているし、「あなたも株のプロになれる」にも同じような練習方法がある。
「あなたも株のプロになれる」の著者立花氏は同書のなかで、上記の練習法によって得られる感覚について具体的に書いている文章があるので引用してみることにする。

ーーーーーーーー引用ここからーーーーーーーーーー
そもそも、売買というものはスポーツのように肉体的な事ではありませんから、肌で手応えを感じること自体、理解しにくいものです。
しかし、買ったあと自分が相場の波にゆられているような感じがおぼろげながら出てきたのです。
それは腹の底にズーンとくるようなもので、エレベータが下降して止まるような、あるいは釣りのときのアタリのような感じです。
ーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーーーーー

余談だが、私はかなり前、ネットの某大手掲示板においてこの練習法を書きこんだことがある。
反応はというと、総攻撃、袋叩きにあった、苦笑。
こんなやり方を理解し受け入れてくれた人は、10人中一人いるかいないかであった。
多数派に受け入れられるやり方は、多数派の結果にしかならないのである。
相場において多数派の結果とは、言うまでもない。
(この言葉の意味がわからないなら、相場はやらないことだ)
posted by ポンタ at 17:07 | Comment(0) | 仙道帝財術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年12月17日

相場で儲けるための仙人的テクニックその5(応用編)

前回まで説明して来たのは、気の強さを手で感じることにより、上昇する(可能性の高い)株式銘柄を感じ取る方法であった。

今回は応用編としてイメージ法を用いた株価の未来予測法を書いてみたい。
これは高藤流仙道の最高テクニックともいえる「スーパービジョン」を用いたものだ。
このテクニックについては正直言って自分もできないと告白しておく。
やり方は「仙道帝財術入門」に書かれているが、そのための前提とされているスーパービジョン能力と才能が自分には足りないのだ、苦笑。

というわけで、やりかたのみ書いてみる。

1)新聞の株式欄に手をかざし、大体の銘柄を選定する
2)会社四季報で銘柄を絞り込む
3)(紙に印刷されたもの)グラフに手をかざして気の強さを確認する。

ここまでやったあと、グラフをしっかり目に焼き付けてから目を閉じる。
紙の上では現在時点で止まっていたグラフのさらなる先を視覚化像で視ていく。
原書によれば、「視覚化像によって得られたグラフの先の向きがその株価の未来の値動きである」という。

当然のごとく、あまりに儲けたい(あるいは損したくない)という想いが強すぎて集中力を欠いている状態では、イメージは間違ったものとなる。
そこがこの方法の難しさである。
また、同じようなやり方で株価の未来を透視しようという方法が「透視霊能秘法書」という本にも書かれている。

長くなったので、もっとやさしく株価の強さを感じ取って売買に生かす方法は次回に。
posted by ポンタ at 22:56 | Comment(0) | 仙道帝財術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年12月13日

相場で儲けるための仙人的テクニックその4(体験編)

今回、非常に恐縮だが、私の体験談から書いて行こうと思う。
とはいえ、高藤氏の言うところの「素寒貧」そのままの時点からのスタートゆえ、何もしないで暮らしてゆけるというような段階には程遠いということをおことわりしておく。

素寒貧だから帝財術を目指したわけで、最初からお金がありあまっていてさらに儲けたというラッキーとは訳が違うのだ。

まずは夢。
高藤聡一郎著「仙道未来予知 察気の法」にやり方が書かれていたのだが、夢と出来事を関連ずけて行く方法だ。
自分の場合、カブトムシやクワガタムシの夢をみると高い確率で、その頃ハマっていたFXのクロス円ロングポジションの利益が増大していくことに気付いた。
そして、リーマンショックの勃発。
このとき、「察気の法」のおかげか、「この下げ方は今までとは全く違う、逃げなければ」という強い思いが湧き出し、利益を残して逃げ出す事が出来た。
これ以後、クロス円バブルは崩壊し、クロス円をロングしようとは思わなくなった。
これにより、少額からスタートしてそこそこの金額の利益を残す事が出来たのだ。

次は株。
株のトレードは2008年頃からスタートしていたが、リーマンショックのトラウマか、短期のデイトレもどきのみを行いジリジリ負けまくる。
なぜか、株ではカブトムシの夢を見ることは無かったので、中長期でホールドするのは怖くて無理だった。

ところが、2011年の暮れに「この時点で株を買って3年くらいホールドするのだ」という思いが強く湧いてきてどうしようもない。
そこで、株の中長期ホールドを行うことにしたのだが、、、。
信用買いでは半年単位で決済期限があるし、買い方金利が取られるのが気に入らない。
しかし、当時のレバ100倍のFXとは違い、現物株を買うには資金が足りない。
そこで「帝財術」の金気吸収を重点的に行っていった。
すると、思ってもみないところから臨時収入があった。

会社が10年くらい前から加入して支払ってくれていた従業員向け企業年金を解約することになり、ついては利払い金を社員に支払ってくれる事になったのだ。
こんなものがあるのは全く知らなかった(笑)ので、大いに驚いたものだ。
これが2012年の9月初旬の事であり、その資金で現物株を買いあさった。

生まれて初めて「四季報」を買い、ページをめくり、目についたものの気を感じて銘柄を選定した。

その結果は、現在言うまでもない。
大金持ちでリタイヤ、には程遠いが、そこそこの大金にはなってくれた。
企業買収されて上場廃止になった「マクロミル」は手放したが(2倍高で)、その他はまだホールドしている。

自分の会社の社員で、その臨時収入で株を買った人は他に誰もいない。
良くて定期預金、子どもや家族の生活費の足し、悪ければギャンブル代に足しておしまいである。

あとは株の逃げ時だが、まだ少し大丈夫そうではある。

予定していた話題とは異なる内容になってしまったが、今回はこの辺で。
posted by ポンタ at 23:55 | Comment(0) | 仙道帝財術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年12月11日

相場で儲けるための仙人的テクニックその3(テクニック編)

前回までの記事で、気という摩訶不思議(?)な感覚を用いて相場で儲けるためのタイプと適正について書いた。
今回はいよいよその具体的テクニックを紹介する。

その前に断っておくが、以下のテクニックを用いて利益が出ない(あるいは大損)となったとしても、こちらは一切責任を負わないということを明記しておく。
すべて自己責任の元に以下の記事を読んでいただきたい。

*)まずは新聞の株式欄に手をかざす。
ここで、株式欄から発せられる気を感じることができるかどうか。
また、手を移動させてみて、気の強弱が区別できるかどうか。
あるいは、四季報のページに手をかざして、気の強弱を感じられるかどうか。

これが、最終テストである。
ここで、「何も感じられない」となったら、もうこの先に行ってはならない。
高藤氏曰く、「間違いなく失敗する」そうである。

最終テストをパスした人なら、株式欄によって大まかに気の強い企業を選び、次に四季報によってさらに具体的に企業を絞り込めるはずだ。
(新聞の株式欄ではあまりに企業名が小さすぎて、大まかにしかわからないので、四季報を使って絞り込む)

さあ、ここまできて大半の人は、「がっかりしたのではないだろうか」。

「印刷してある紙から発生している気なんて感じられないじゃないか」と、、。
まあ、そういうことである。
仙道帝財術は万人向けではない。
仙道を練習している人が、経済的に困らずに修業できるようにというのが、そもそもの始まりなのだから。


そもそも、人体から発せられる気に比べ、無生物から発せられる気を感じ取るのちょっと難しい。
なぜなら、無生物には体温というものがないゆえ。
これができるようになるためには、仙道の基礎段階である「練精化気」を多少なりともクリアしていなければならない。
(この点、男性より女性の方が気に対して感受性の強い人が多く、女性は容易に気を感じられるようになりやすい)

「練精化気」なんて四文字の専門用語で書くと仰々しくて難解そうだが、、。
(ネット上でも難しそうに解説していところが大半だ)
なんてことはない、自己の性エネルギー(精力)を特殊な呼吸法により感覚化し、練成(練功していくと自然にできるようになるものなのだ。

「練精化気」についてのさらなる詳しい説明や実践技術に関してはいずれこのブログで触れることにして、帝財術の話題に戻ろう。

*)市販のチャートブックを使い、値動きの未来を感じ取る。
現在は「ゴールデンチャート」なるものがあるようである。

株式の値動きをチャートにしたもの(印刷してあることが大事)を入手し、手をかざしてみる。
折れ線の右端まで手を移動させる、右端が一番最近の価格なのでより強い気が発せられているはずだ。
そしてその先に手をかざす。

もうおわかりだろう。
気が右上に感じられれば上昇し、右下に感じられれば下落する(可能性が高い)ということだ。

次回は、イメージ法を用いたチャートの未来の見方や、もうすこしやさしい株価の感じ方を紹介する予定である。
posted by ポンタ at 23:56 | Comment(0) | 仙道帝財術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年12月07日

多忙につき

現在、多忙につき次回更新は今週末(12月11〜12日頃)の予定になります。
posted by ポンタ at 23:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村