2016年05月22日

仙道と超能力の関係

前回の記事の最後に触れた、仙道と超能力の関係について、自分勝手な説を唱えさせていただく。

いわゆる、巷で言われている、透視能力や、スプーン曲げなどの「超能力」は仙道をやったからといって、使えるようにはならない、苦笑。

そもそも、仙道の目的は「気を練って生命力を高めていくこと」だ。
その過程において数々の特異能力が発現することはあるが、特異能力の発現だけを目的としてしまうと、厄介なことになる。

何かの雑誌で読んだことがあるが、念動力で有名な女性が、念力でカエルの心臓を停止させる実験をしたところ、実験には成功したものの、体重が何キロも減少し、激しいストレス状態になってしまったという。

透視能力(霊視能力)を獲得しようと、閉じた瞼の裏をにらみつける訓練を行い、頭痛もちになってしまったり、ヘンなものが見えるようにはなったが、今度は四六時中見えだして精神がおかしくなってしまったりする。

どのみち、気(生命エネルギー)をいたずらに消耗させるばかりで、何も良いことは無い。
それどころか、こういうのは普通の運動や勉強などより消耗が激しい。
そもそも、普通の人がこのようなことをやれないのは、無意識が生命力を消耗させないために強力にガードしているためだとかんがえたらよい。
つまり、普通の人は自分の意識で自分の心臓や肺などの器官を止めて死ぬことができないのと同じことなのだ。

さて、陽気が頭頂まで上がり、温養を行い変質させていくと、陽気と気を両方コントロールできるようになってくる。
こうなってくると、熱感以外の気感を感知することができるようになってくる。
コンセントや磁石からでている気感も簡単にわかるようになる。
さらに、この感知能力を体全体で行えるようになると、、、。
他人の気感を感知できるようになる。

個人的な体験で恐縮だが、こんなことがあった。
もう何年も前の話だ。
ショッピングセンターの売り場で向こうからやってくる、モデルのような美人を見つけた。
こちらは(何せ普通の中年オヤジなもので)、「まるでモデルみたいなびじんやな〜」とチラチラ見ていたら、すれちがいざま、まるで鼻先にビンタを受けたような感覚が発生した。
もちろん痛くはないが、目の前が一瞬かすんだくらいだ。
相手との距離は1メートルは離れていただろう、、。
このような感覚は全く予期していなかったので、本当に面食らってしまったことを覚えている。

その時は、一体何なんだと思ったが、すぐに理解できた。
相手の「何よ、きもいオヤジね、こっち見ないでよ」という気が飛んできたのだ、、と。

世の中みんなが美男美女であるはずもない。
この能力が発現してからは、慣れるまではショックではあった。
つまり、相手が自分をどう思っているか、どう思われているかを現実に感じてしまうと。
自分が美男美女でない限りは、失望することの方が多いということですな、苦笑。

他人の気を感知する能力も働かせっぱなしでいる、とこちらまで相手の気に影響されて安定できない。
ということで、現在ははもっぱら閉じていることにしている。
逆にいえば、開閉のコントロールが行えないうちに通常とは違う能力が発現してしまうと、それに振り回わされ、気を消耗してしまい修行どころではなくなる。

気がある程度コントロールできるようになったのち、両手に気を集めていくと、最初は熱感しか感じなかったモノがやがて磁力や静電気のような感覚になり、さらに強めていくと風船をはさんでいるような圧力を感じるようになる。

この圧力感をもっぱら高めていくと、硬気功や、中国内家拳法で言うところの「剄力」ということになるのだろうが、個人的には硬気功も中国拳法もやるつもりもない。
両手だけの圧力だけでは戦えるはずもなく、この圧力を全身に広げるための「馬歩」とよばれる姿勢での徹底的な下半身トレーニングが必要になるからだ。
だいたい、せっかく高めた生命エネルギーを消耗しつつ戦うから、中国拳法家に短命が多いのではないか。

瞑想中に閉じた瞼の裏に明るい光点を見ることもあるし、ヘリが生き物のように動く紫色に光る花弁のような物を見ることもある。
これらも、もっともっと意識をかけて強めていけば、もっとよく見えるようになるのかもしれない。
しかし、それも目指さない。

自分の目的は前に書いたとおり、気を練って生命力を高めることだからだ。

というわけで、次回からは、高藤流仙道の進化した小周天を考察していく。
posted by ポンタ at 12:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2016年05月21日

小周天の考察(その14)高藤流仙道の小周天

前回の記事に続き、高藤流仙道の小周天の話題である。

他人の仙道(神秘行)体験談では、ものすごくどらまちっくでだいそれた?ビックイベントであるかのように描写(自慢?)されることの多い(と思える)小周天だが、実際は、、というと、小周天が回ったくらいではそれほどでもない。
(少なくとも、浅学菲才な自分の体験上は)

では、前回記事後半で「超能力仙道入門」から引用した部分の続きを紹介する。
ーーーーーーー引用ここからーーーーーーーーーーーーー
たいがいの人は陽気を感じるといっても、やや熱いくらいである。
また勢いもそんなに強くない。
振動など起こるのを期待しないほうがいいくらいだ。
こんなものでもいいのかというと、十分とはいえないがいいのである。
そうしない限り、日々の生活に追われ、精力をすり減らしている普通の人にとって仙道などやれない。

ともかく、陽気を丹田に感じ、それが多少の勢いをもって会陰や尾てい骨に流れていったら、小周天をおこなってもさしつかえはないのである。

ーーーーーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーーー
あはははは、ま、これが現実というものだ。
とはいえ、何度も言うが、小周天は秘伝でもなんでもない。
仙道の基本であり、だれでもおこなえるものだ。
気を発生させることや、感じること、回すことはだれでもできることであり、難しいことではない。


「難しいのは気を練って質を向上させていくことなのだ。それだけが仙道の主な目的でもある」
その意味で、仙道と超能力の関係も怪しく(苦笑)なってくる。
この話題は次回としよう。
ではごきげんよう。
posted by ポンタ at 23:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2016年05月06日

小周天の考察(その13)高藤流仙道の小周天

今回の記事は、高藤流仙道の小周天における陽気の回し方である。

氏の著作に書かれたやり方は、仙道の修行体系の中で「もっともすっきりしていてわかりやすい」やり方ということだ。

武息を使って熱気を丹田に発生させ、その熱気が振動を起こし丹田で動き回るまで強化集中させる。
その熱気(陽気)をこうもん?の収縮と呼吸の呼気と吸気の長さを変える呼吸法を使って、陽気を丹田→性器→こうもん→尾てい骨→背中→頭頂→額→胸の間→みぞおち→丹田と一周させる。

熱気(陽気)は頭頂においてしばらくするとハッカ(ミント)が入っているかのようにスカスカ感じ、額から下ろす時はアリのような小さな生き物がはっているかのようにむずむずするという。
そして、丹田まで降りると元の熱気に戻るという。

たしかに単純でわかりやすい。
やってみた方はおわかりだろうが、単純イコール易しいではない。
まず、丹田を熱くするまでは(一生懸命動かせばいい)いいが、その先は、、、。
何か、追加のヒントがないと悩むことになるだろう

例えば、ヒーリングタオでは、「陽気ではなく気を集めて回す易しいやり方」や「目玉を動かして気を導くやり方」や体に何か所か存在する「気を効果的に動かすポンプの駆動方法」などが小周天のテクニックとして伝えられている。
これは、かなり煩雑かつ複雑なテクニックだ。
高藤氏も同様のテクニックを(どの程度かはわからないが)知っていたということはわかる。
断片的ではあるが、視線を使った気の動かしかたや、こうもんの収縮(こうもんポンプ)についてはほぼ全ての著作にはあるからだ。

「秘法!超能力仙道入門」では、第四章「小周天の行とは気による肉体の錬金術」で小周天のやり方を説明している。
個人的には小周天だけで肉体を錬金術のように変えられるとは思わないが、やり方の紹介後は衝撃的な文章で締めくくられている。
ーーーーーーーーーーーーー引用ここからーーーーーーーーーー
なお、ここに書いた進陽火、退陰符の状態(陽気が回る時の状態)は、最も標準的なものを取り上げているので、絶対こうならないといけないのかな、などと思わないでほしい。
ピッタリこのとおりになるのは、ある程度精力が充実し、一定の期間、仙道だけの生活を送れる人たちか、あるいは、特に精力に恵まれた上に意識の集中が良くできる人くらいである。
ーーーーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーーーー

(つまり、、持つべきものは、、才能なわけね、、、苦笑)
あれえええええ、。
じゃあ、ネットで見かける仙道修行者さんたちは(私を除いて)全員才能に恵まれた方々なわけですな、爆笑。
何せ、私なんぞは、陽気発生だけに一年かけてますから。
それも、高校生時代と言う、時間と精力という点で、人生において最も優雅で恵まれた時期のはずだったのに、、、。
陽気発生後は速攻で一周回ったものの、その後、生活環境の激変や職場での事故の後遺症などで、次に回せるようになるまで20年以上かかかってしまった、。。。
才能という話をすれば、この私は最低最悪だろう。
だから、仙道への執着と執念では負けない。

例え、時間がなくとも、職場で体力と精力を削られようとも、無理な禁欲に耐えられなくても、少しずつでも仙道を行い上によじ登るための工夫と努力を重ねている。

さて、「秘法!超能力仙道入門」では、さらに追い打ちをかけるような、文面が続くのだが、それは次回のお楽しみとしたい。
では、ごきげんよう。
posted by ポンタ at 22:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村