2016年07月18日

仙道と快感の関係(その1)

高藤聡一郎氏の大陸書房時代の著作を読んだことのある人は知っていると思われるが、仙道の陽気がある程度強化され、コントロールできるようになると丹田のあたりに「快感」が発生するという記述がある。

さて、このような記述のある仙道書はというと、有名どころでは「築基参証」にも「下半身は痺れて快美を覚えるばかりで、性行為に勝ること幾倍か分からない」などとある。
さすが、大御所はすごい、そのものズバリだ。

探してみたところ、未邦訳のヒーリングタオシステムのテキストにもそれらしい記述が見つかった。
(この点についてもいずれ書こうと思う)

残念ながら、それ以外の日本語の仙道書は、それらしいことが書いてあっても、だいたい「築基参証」の受け売りが大半だ。
つまり、高藤氏を除けば、自分自身の体験として語られるものはごくわずかというていたらくだ。
だいたい、日本語で書かれた(訳された)仙道書自体が少ないのだからいたしかたないか。

ネットで探してみたところ、男性の体験談と女性の体験談がそれぞれ一件ずつ見つかった。
そう、個人の仙道修行の展開というものは個人差が大きく、必ずしも(というかほとんど)仙道の古書の通りにはいかないものなのだ。

「築基参証」にはエクスタシーの発生は小薬生成時とあるが、、。
「エクスタシーの発生は必ずしも小薬の発生時に限らない」ということだ。

さらに言うが、仙道でいうところの内功中の快感は、巷で言われる「エナジーオーガズム」とは別物だ。
たしかに仙道のそれは、エナジーが快感と関係しているのは同じだが、「エナジーオーガズム」のように括約筋を激しく収縮させ続けたり、過呼吸みたいな呼吸を行いつづけて発生させるものではないからだ。

ヒーリングタオシステムではこの快感を英語で上手い呼び方をしている。
「ヴァリーオーガズム」、つまり、谷間オーガズムである。
通常のオーガズムのようにどんどん上りつめてピークを迎えたら、あとはどーんと下がっておしまいではないということだ。
身体はリラックスしつつ、ほんの少しずつオーガズムが発生し強まり続け、それはいつまでもいつまでも長く続いていくのである。
いわば、体力と意志のつづくかぎり感じていられるのだ。

高藤氏の言葉を借りれば、「意識を外さない限り、その快感はいつまでもいつまでも続き、男女のセックスのチョンの間の快感がばからしくなるほどだ」ということになる。

さて、ながくなったので、今回はここまで。
posted by ポンタ at 23:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2016年07月10日

ちょっと寄り道

ちょっと寄り道。

こんなのを見つけた。
ttps://www.youtube.com/watch?v=5IzqBLoGSIM
視聴するにはURLの先頭に[h]を追加の事。
(直リンして、営業妨害(笑)とか言われたくないのでね)

この予備校先生、名言を連発している。
「房中術を実践して完成させたという人たちのレベルはものすごく低い」。
「彼らは房中術の全体像を知らない」。
「彼らが知っているのは文献に書かれていることの半分以下、房中術をきちんと理解できていない」。
「地球上で文献として書かれている房中術は全体像の半分以下」。
「本物の房中術(の全体像)を知っているのは世界で僕だけ」。
「本物の房中術は相手の体を損ねないで、お互いに気を補い合ってお互いに霊的に進歩する」
んだそうだ。

まあ、「知っている」と「できる」とは天と地くらいに違うのだが。
このセンセイ、一言も自分が「できる」とは言わない。

「もっと長い動画を視聴したい方はお金払ってね」というのはお約束だ、苦笑。

まず「体交法」ができなければ、「神交法」をやっても、その感覚がわかるわけがない。
「体交法」も、やり方を知った上で練習を重ねないとできるようになるわけがない。
セッ○ス中に、もし仮に相手の陽気を吸収することができたとしても、いつものように放出してしまえば、ハイ終了である。
せっかく吸収した相手の陽気もろとも自分の陽気も消失してしまって何にもならない、爆笑。

とにかく男性は、いつものように普通に放出したらアウト。
かといって、単純に我慢して出さないでいると前立腺肥大などの副作用が発生する。
この相反する問題を解決するためにちょっとした技の練習が必要になる。
(この技の練習方法は、張 明彦氏や秦 浩人氏の著作などには普通に書いてあるし、高藤氏の著作でも大陸書房時代のものには書いてある)
そのような突っ込んだ実践内容は全く聞こえてこないんだが、、笑。
あそうか、お金払って本編を観ればちゃんと説明があるのかもね、苦笑。

張 明彦氏によれば、「接してもらさずは前立腺肥大になるリスクが高くなってしまう」と明言している。
こちらの記事も参考になる

他の動画も娯楽度満点。
とにかく、クンダリーニヨガと仙道をごちゃまぜにした痛快動画が沢山ある。
小周天をセッ○ス中に三回半回せるようになるとムラダーラチャクラが開いて大周天ができるだの。
大周天ができると仙女が降りてきて、仙道??を教えてくれるだの。
それらすべては、高藤氏の「房中の法」や「超能力仙道入門」などの受け売りに独自解釈を加えたもの。

その他の文献?の具体的なタイトルは一言も出てこないんだが、、。
地球上に出回っていないはず?の房中術の全体像をどこから会得したのだ?

こんなすごいセンセイにくらべて自分のレベルの低いこと、、、滝汗。
少なくとも私は、「世界で自分だけが知っている」なんていう秘術のひとつも持っていないのだから。
なんとなく、記事を書く意欲がそがれてしまう。
posted by ポンタ at 01:34 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村