2016年09月18日

仙道と快感の関係(その3)「仙人になる法」に載っていた体験談の続き

ずいぶんと間が空いてしまったが、前回の続きである。

「仙人になる法」に載っていた体験談の続き(2回目)。
ーーーーーーー引用ここからーーーーーーーー
3月17日
朝早く静坐をしていると、顔面がとても熱く感じられた。
腿の上がぺこぺこ跳び上がっている。
任脈のところがわずかに振動している。もう温養ができたのだ。
呼吸は、とてもかすかだ。
僕は、興味半分に、息をしばらく止めてみた。でも、何も苦しいことはなかった。
心がぽかぽかする。鼻、腹の中、後頭部に何かが、這いまわっているようだ。

3月20日
18日の夜は漏れてしまった。
今日は、手の指先に何度か振動があっただけでなく、顔面や鼻の中にも振動があった。
ただ、残念なことに、前と同じようにイチモツの所が、気持ちの良い痺れを感じたら、外へ飛び出してしまった。

3月22日
昨日は、採微陽法もやったし、温養にも励んだ。しかし、夜にまた漏れてしまった。
今日も手の指先に振動を感じる。昼ごろには、気は督脈、任脈、それに鼻の中へ入った。
夕飯のあと、一人で静坐していると、湧泉が振動しているのを感じた。
静坐をしているときは、唾液の分泌が、とくに多いようだ。時々、両方の耳たぶのところを何かが走り回っていて、そのムズムズしたものが、真っすぐ、玉沈に向かって這って行くのを感じる。
初め、ハエかクモかと思い、2度ばかり手で払ったりした。

3月23日
今日は、早朝、昼、午後と連続して手の指先に、何かが飛び跳ねるのを感じた。
その飛び跳ねる感じは、長いこと止まなかった。
夜、僕が寝ようとしたら、、湧泉にも振動を感じた。まるで行ったり来たりしているようで、もう少しで足の指先に達しそうだった。足の裏が、モゾモゾした。
静坐中は、まるで星のように、鮮やかな光が、眼の前に閃いた。
朝、眼を閉じる度に、黄色い光圏が、眼の前に見えた。
眼をゴシゴシこすって、また見てもやはり同じだった。
初め、眼の錯覚かなと思ったが、ずっと同じ状態が続いた。
僕は、うれしくなったので、忘れずにしておいて、これからどうなるか観察することにする。

ーーーー引用ここまでーーーーーーーー

引用した文中に、「漏れてしまった」というところがある。
これは、「精液が漏れてしまった」ということだ。
体験談の投稿者は、人生の中でもっとも精力、体力に満ちた年代なので、仙道修行の開始にはうってつけの年代である。

このような環境なので、精液を陽気に転換する能力がとても旺盛で、陽気を回すのに成功する前に、あふれてしまったのだ。
(かくいう私も、仙道修行の開始は高校生の頃であった)

さて、体験談の続きは次回の記事でラストとなる。

posted by ポンタ at 19:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村