2016年09月28日

仙道と快感の関係(その5)個人的な体験談

さて、このシリーズ中、一番面白くない(笑)記事になるだろうが、今回は個人的な体験談を書いてみたい。

私が中国仙道の実践を開始したのは、以前にも書いたとおり、高校生2年の頃であった。
だから、性欲満々だったし、精力もそれなり?にあったし、学生と言う時間的にも恵まれた環境だった。
にもかかわらず、修行はちっとも進歩しなかった。

基本の呼吸法である武息を行っても腹のあたりが痛くなるばかりで、一向に熱が発生しなかった。
熱が発生しないから、なおさらめいいっぱい力を込めて武息を行う→さらに腹が痛くなるの悪循環をくりかえしていた。
結局、高校生のうちは、陽気発生まで行けずじまいだった。
(後でわかったことだが、修行のやり方に重大な見落としがあったのだ)
高校を出てから、生活環境が激変し、優雅なプライベート空間で一人で静坐を行うことができなくなり、修行の空白時間が空く。

ある時、ふと、高藤氏の著作にあった言葉「腹も裂けよとばかりに力を入れても陽気が発生しない場合は、むしろ力を抜いて、軽い気持ちで仙道修行を行うとよい」という文章をみつけ、その通りやってみた。
すると、いきなりミケン(印堂という場所)のあたりに静電気のようなものが発生し、意識をゆるくかけるとそれはゆっくり身体の前面を降りてきて丹田に入った。

「はて、これはいったい何?」と思ったが、その静電気のようなものは丹田に入ると熱感になった。
ということは、「これは、陽気だったのか。これが気なのか」
これにより、いきなり?小周天の半分ができたことを理解した。
へんちくりんな始まりであった。

続きは次回。


posted by ポンタ at 19:11 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村