2017年02月08日

まさか、こんなことが

先日、いつものように内功(坐って全身に気を巡らす行)を行っていた。
気持ちの良い静電気に包まれたようで、意識が深まるに従い、まるで電圧が高まるように全身が気持ちよく痺れていった。
やがて性器の周辺に性的な快感が発生し、たとえようもない多幸感を感じていたら、涙が出てきた。

別に、多幸感と言ってもうれし涙が出るほど、何かが嬉しいと感じていたわけでもない。
もちろん悲しいことがあったわけでもない。
自分が提唱する内功は、姿勢は瞑想と同じでも、何かを視覚化したり思い出したり考えたりするようなことはしない。
むしろ、無念無想の禅に近いのだ。
だから、このときも、とりたてて何も考えていることもなく、ただ、感覚だけに身を任せていた。

「なんとまあ、人間の感情とは不思議なものだな」と思っていたら、昔読んだカルロスカスタネダの一節がフラッシュバックのように思い出された。

ちょっと引用してみる。
ーーー「呪師になる」より引用ここからーーーーーー
それは、わたしにとって全く新しい感覚だった。
思考が停止したような感じがした。
幸せだった。
健康な感じがした。
情熱がとても静かにゆきわたって、わたしのなかに充満した。
そよ風が西から吹き、からだ全体をなでてゆき、寒さもなかった。
ぬるま湯のしずかな波が、わたしのからだに寄せては引き、また寄せてくるように、顔と耳のあたりにそよ風を感じた。
自分のあわただしく、混乱した生活には比べるものもない、不思議な状態だった。
わたしは思わず泣いてしまった。
それは悲しさとか自分への哀れみからではなく、言いようも、説明のしようもない喜びのせいだった。

わたしは、永遠にそこにいたかった、、、、
ーーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーーーーーー

カスタネダは、生命エネルギーが身体に流れる感覚を、風や、そよ風に例えているが、インディアンの呪術においても、生命エネルギーを使って、このように自己ヒーリングに用いることがあるのだろう。
まさに、自分の体験した状態を美しく詩的に表現したらこのようになるのだろうなと思った。

ちなみに、カスタネダはこの後、師であるドンファンより、「おい、もう十分休んだぞ」と、引き起こされてしまうのだが、、。
posted by ポンタ at 21:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村