2014年05月16日

初めに地丹法ありき

およそ、マトモな仙道の修行において、まずおこなうべきは地丹法だということ(らしい)。
ぶっちゃけて言うと、ズバリ「精」のつくものをバリバリ食って、精力をつけること、、である。
なにせ、仙道の行で扱う「気」というモノを作り出すにために、精を原材料として使用するからだ。

さもないと、地丹法の次の段階となる、実際に気をコントロールさせる行である天丹法という修行法が無理に等しいからだ。
精を気に変換させ体内に回していく行をやろうと意気込んでみても、そもそも気を感じることも、集めることも、それどころか動かすことも夢のまた夢となる。

たいていの場合、仙道でもやろうという理由が「健康のため」とか「精力をつけてセッ○スをもっと楽しむため」なので、気の原材料が最初から足りていない(不健康)場合がほとんど。

「仙人になって不老不死」になりたいなんて願いが出てくるのも、まず間違いなくそれ相応の年代になってからなので、やはり健康で精力マンマンからのスタートにはならないケースがほとんど。
ということで、ほとんどの場合、仙道のスタートはまず地丹法からということになる。

ただし、これから仙道を始めようという人が、10代とか20代で精力満点&健康な場合、地丹法を飛ばして天丹法から行える。
オメデトウ。
まさに時短法なりですな。

精力をバリバリつけてから、精力を気に変換させる。
専門用語では「練精化気」などと言う。
(大陸の古の方々がお好きな漢詩の言い回しですな)

じゃあ、精をつけるために具体的になにをすればいいの?というと、「朝鮮ニンジン」「ニンニク」「山芋」「ニラ」「レバー」をがんがん食べるべし、、以上。
ええええ、思ったよりも簡単んん、と思われた方、、甘い。
これは、ある程度以上に健康な人の場合である。

上に紹介した食品群は、胃腸の調子が悪い人にはあまり効果がないし。
ニンニクなどは、生で食べると胃腸が健康な人でも、胃腸の調子を悪くしてしまう。
さらに、高血圧症の人には、朝鮮ニンジンとニンニクは勧められない。

つまり、すでに体の不調を抱えている人や、病気を持っている人はまず、それらを治していかなくてはならない。
ということで、話は複雑になっていく。
続きはまた、、いずれ。
posted by ポンタ at 21:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: