2015年11月21日

「仙道帝財術入門」の話題、瞑想法による金の実体化テクニック実例3

前二回の記事は高藤聡一郎著「仙道帝財術入門」に載っている、瞑想法による金の実体化テクニックの(大成功した)実例だった。
今回はその三回目、最終回である。

よくあることだけど、この三回目が金額的には一番である、苦笑。
(しかし、提唱者である高藤氏のスケールには程遠いが)

ではいってみよう。
ーーーーーーーー引用ここからーーーーーーーーーーー
三回目は、もう疑うことができません。
今度も自分の部屋で瞑想し、お金、お金と考えていると、紙屑の山が見えてきました。
あれっ、またかと眺めていると、またお金のように見えてきました。
今度は相当な枚数です。
どれどれと手に取ると20万円はありました。
もちろん大金なので、またまた心配になって家のみんなに聞いてみました。
でも、誰もそんなお金を落としていないというのです。
もちろん、そのお金が落ちていた場所は、とても外から札束を投げ込める場所ではありません。
それより、何度も同じことがあったからわかりますが、確かに何もないところから、お金が突然出現しているのです。
ーーーーーーーー引用おわりーーーーーーーーーーー

こうなってくると、一昔前に話題になった聖者サイババをほうふつとさせるではないか。

あるいは、カルロスカスタネダの「呪術師シリーズ」でも呪術師ドンファンが、帽子(だったと思う)の中からたくさんのものを取り出して見せる場面も思い出してしまう。
そのときドンファンはなんと、人間の運子(爆笑)までも取り出して見せたという。

さて、次回は、ちょっとした引き寄せテクニックの紹介である。
posted by ポンタ at 23:19 | Comment(0) | 仙道帝財術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: