2015年11月24日

相場で儲けるための仙人式テクニックその1(タイプ分類)

前回の記事で、高藤氏は帝財術で株や為替などの相場に手を出すことに否定的だったと書いた。
帝財術で上手く金を引き寄せることができれば、わざわざリスクの高い相場をやる必要がないはずだということだ。
それができていないのはずばり、「気のパワーが弱いのだ」と。

勤めている人は仕事で、自営業の人は商売で金気の引き寄せを行った方が低リスクで、そこそこの気のパワーでも金を引き寄せることができるのだ。
相場でお金を引き寄せようというのは、簡単そうだが、より強いパワーを必要とする。

こう言ってしまうとみもふたもなくなってしまうが、、。

高藤氏は「ただし、あるタイプの人たちだけは帝財術を相場に使って成功できる可能性がある」と言っている。

それは以下のようなタイプの人たちだという。
1)勝負事に強い人(ただし、それで飯を食えるくらいでないとだめ)
2)株とか為替などの投機に対して人一倍興味のある人
3)金に縁があって、かつ「気」の感覚が人一倍敏感な人

高藤氏曰く「だいたい、こういうタイプの人たちなら、仙人式の金儲けテクニックを使うと間違いなく相場を使った金儲けができる」のだという。

この時点で、相場の厳しさや、リスクを取れるかどうかの心構えができているかがふるいにかけられる。
また、単なる「必勝法」の類とは違うから、気がわからなければお話にならない。

そして、タイプ分類に続いて、次回は適正のチェックとなる。
この適正がね、、。
クリアできる人はそういないんじゃないかというくらい難しい。
(もちろん自分もダメ)

といわけで、今回は終了。
posted by ポンタ at 00:21 | Comment(0) | 仙道帝財術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: