2015年12月24日

「気」は強化できる?できない?

10年くらい昔の事だ(ったと思う)。
とある、オンラインチャットルームに入り浸っていた時期があった。
そのチャットルームはそのものずばり仙道、気功、神秘行、中国拳法などの話題専門のチャットルームであった(今でもあるかどうかはわからない)。

あまり良い事を書くのではないので、そのチャットルームの名前や、出会った人たちのHNは伏せることにする。
ある日、とある常連さんとチャットしていて、「気」を強化する話題になった。
その常連さんは、中国拳法を中心に気功や仙道を行っているという人で、「気をどこまでも強化していくのが目的なんです」みたいなことを言っていた。

そこで自分が一言「え、気ってただのエネルギーなんですから、強化すると言っても無限大にどこまでも強化なんてできませんよ。個人個人の体重に比例する分量以上には物理的には増やせませんよ」と言ってしまった。
その人は、「ああ、あなたとは考えがあわないですね」と、チャットは終了してしまった、滝汗。

でも、考えてみてもらいたい。
「気」がエネルギーであるなら、物理の法則に縛られるはずである。
だとすれば、個人個人の保有できる気の強さは質量(体重)に比例するのではなかろうか。

そんなことになっちゃったなら、高藤氏の仙道本とかで一生懸命「気を強化しろ」と書かれていることを真に受けて修業に励んでいる人たちはどうなっちゃうんだ??
もしかしたら、自分が間違えているのか?
それとも、巷に沢山いる(かどうか知らないが)仙道修行者たちの夢を砕いてしまったのか?

これは、高藤氏自身も後半に出した著作の中では書かれているが、仙道においては「気」は強化するものではなく、「質」を変化させていくものなのである。
(中国拳法の世界では無限大に気を強くできるのかもしれないが)

繰り返すが「気」は強化ではなく変質させていく。
これが秘訣なのだ。

具体的にいえば、、。、
最初は単なる熱気。
次は熱気以外の微風や磁力。
次は流れのある液体。
次は固まった固体。
ラストは全部溶かして無くす。

続きはまた次回に。

posted by ポンタ at 23:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: