2016年04月26日

小周天の考察(その12)すこし脇道にそれた話題の続き

前回の記事の最後に、「気」だけで行う小周天にも利点があるという事を書いた。
今回の記事はその続きとなる。

その利点とはずばり「まがりなりにも小周天が形になるまでの時間が早い」ということだ。

えっさえっさと陽気を集め、仙道書にあるように「陽気があっちこっちに生き物のように動き出す」とか「振動が発生して来る」なんていうのを待っていたら、、。
現代のように、ただでさえ、元気や精力をあっちこっちと漏らしまくり、すり減らしまくる時代では、一生かかっても陽気発生まで行かなかったということにもなりかねないのだ。

とにもかくにも気を一周させてしまえば、ある程度は気のコントロール能力がそなわわるので、少しは気が漏れたり擦り減っていくのをふせげるようになり、やがて陽気を伴った(本物?)の小周天へと持っていける可能性が高まる。

ここから書くことは、おそらくネットでも見かけたことは無いし、仙道書にも見当たらない。

それは、丹田での陽気発生のきっかけとして「気を」使うことだ。

何もないところから陽気を発生させようとするよりも、何かしらきっかけとなるものを丹田に持ってきておいてから武息を行う。
こうすると、陽気の発生がダントツに早まることを体験した。
(もうひとつ、もっともっと陽気を強化する方法を見つけたがここでは書けない)

もっと具体的には、手のひらをこすって集めた気を、腕から体の前面に持ってきてから丹田まで下げて持ってきてもいいし、なんなら手のひらをこすって直接丹田に当ててもいい。
もう少し敏感な人なら、印堂などの仙道の温養で使用される部分で気を集めて持ってきてもいい。

このようにして集めた微弱な気を丹田に集め、その気感が消えないように呼吸と力の加減を行いながら武息と文息を行うのだ。
このようにすれば、気はやがて熱と圧力を持ち始め、空車を回してしまう心配はなくなる。

ということで、この話題はこれで終わる。
次回からは、高藤流仙道の小周天の気の回し方の話題に入る。
posted by ポンタ at 23:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: