2016年10月08日

仙道と快感の関係(その7)個人的な体験談3

前回の記事は、やっとこさっとこ小周天がつながった話題であった。
今回はその続きとなる。
とはいえ、今回の記事では、修行の内容は直接出てこない。

小周天が一応回ってから、職場の関係で行の時間が取れなくなり、数年間のブランクとなる。
その間は、仙道を忘れていた。
あまりに、仕事でいっぱいいっぱいで、そのまま人生は進み続けてしまうのだろうと思っていた。

ところが、9年くらいもの長いブランクを経て、ふとしたきっかけで行を再開した。
そのきっかけとは、自動車とニアミスした事件だった。

夕方、近所のスーパーに買い物に出かけた時の事だ。
四つ角の交差点(信号無し)で、自分に向かってきた対向車が突然、ウインカーを出さずに自分の方に曲がってきたのだ。
相手にしてみれば、いつもの道で面倒くさいからウインカーなんて出さずに右折したのだろう。
車が自分の身体ギリギリにまで来たとき、とっさに身体を思い切り前に投げ出し両手をついてから、身体を丸めて回転していた。
何事もなく立ちあがった自分を見て、車の運転手が慌てて降りてきて、「大丈夫ですか!」と聞いてきた。
自分は、「はい、なんともないですよ」と言い、そのまま立ち去った。

後から思い出していた。「これは、中学生のころ部活で柔道部にいた時に練習した。回転受け身じゃないか」
子どもの頃(学生のころ)一所懸命やって身体で覚えたことは、忘れないものなのだと思い、なぜか涙が出てきた。

一生懸命覚えたことは、無駄にはならない。
柔道がそうだったように、仙道もしかり。
「また、やってみよう。仙道を」

自分にとって、仙道は(仙人を目指す事は)まだ、生活にも人生にも余裕があった頃の、楽しくわすれがたい宝物なのだから。

そうしてまた、忙しすぎる仕事の合間をぬって、修行を再開することになる。

今回こそ、つまらない記事で申し訳ないです。

posted by ポンタ at 21:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: