2016年10月12日

仙道と快感の関係(夢の中で仙女と会う?)前編

高藤聡一郎氏の学研から出版された著作シリーズ中、個人的に最も評価している著作「仙道錬金術房中の法」の中に、氏が夢の中で仙女に会い、体交法(いわゆる普通のセ○クスの事)を行ったという記述がある。

その時の快感の描写である。
ーーーーーーーーーー引用ここからーーーー
最高のエクスタシーに達するが、ただし、時間は永遠とも思えるくらい長く続くのだ。
だが、精は漏れず、翌日は気を回し合った時より、さらに充実した感じになった。
実に不思議に思ったものだ。
ーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーー
普通の肉体ではない状態(体外離脱中)でのセ○クスの快感についての描写は、ロバート・モンロー氏も著作で報告している。
「耐えがたいほどのエクスタシーが続く。これに比べれば通常の性行為のエクスタシーは影のようなものだ」という。

ロバート・モンロー氏の体外離脱は、仰向けに寝た姿勢から行うモノなので、ある意味、覚醒夢と言えなくもないのではないかと、個人的には考えている。

普通の健康な男が、もし、「願いがなんでも叶う空間に存在できたら」何を願うだろうか。
言うまでもない。
そのような男としての当たり前の無意識から発する欲望が、上のような体験を生みだすのだろう。

だが、個人的には、夢の世界(リアルなので異空間と呼んでもいい)で女性と行為をしたいとは、現段階では思っていない。

次回、中編では、この行の危険性について書こうと思う。

そして、今から予告するが、最後の後編では、氏が昔、とある男性誌に投稿した「夢の中で女性を抱ける。夢のドリームコントロール」なる作品?に対して書こうと思う。


次回投稿の後編に続く。

posted by ポンタ at 20:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: