2016年10月27日

仙道と快感の関係(夢の中で仙女と会う?)後編

まずは、「仙道錬金術房中の法」の一節から。
ーーーーーーー引用ここからーーーーーー
私は現実生活では、毎日、一人でツクネンと行に励んでいた。
まったく女っ気など無かった。いや、人さえ滅多に訪ねてこなかった。

ところが、先にも書いたように、夢の中にはしょちゅうう女性が訪れてきていたのである。
ただの女性ではない。美しく健康的で、しかも気のパワーに満ちあふれた女性たちだ。
あんな女性は現実では見たこともないといっておく。
しかも、現実の女性のように、触れるとはっきりとした触感さえあるのだ。
中略
これが仙女(アニマ)であることに気付きだしたのは、彼女と手をつなぎ合って気を回し合うという、仙道独特のトレーニングを始めたからだ。
中略
もっと関係が進んでからは、ズバリ、セッ○スまでいったこともある。
この場合、体交法の房中術を行う。
最高のエクスタシーに達するが、時間は永遠とも言えるくらい長く続くのだ。
ーーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーーーーーーー
上の引用文と前回の記事の最後の部分を対比してみると興味深い。
人から離れた環境で、禁欲し、異性の存在を強く意識するという共通点がある。

あらわれてくる異性のイメージ(物質化の度合いは様々だが)は、結局、同じものなのではないだろうか。
本人の意識と、気の練れた度合いによって変わっていく。

とはいえ、「この修行を行うときのコツは、暇さえあれば寝ることだ」という、高藤氏の言葉に尽きる。
睡眠時間や、睡眠の環境が自由にならない人にはできない修行なのだ。

高藤氏は、夢のコントロール法を、夢の中で異性に出会うための方法とし、かつてとある男性誌に投稿したことがある。
男性誌のタイトルは「モモコ」という雑誌だった。
このような感じの記事であった。
HI3B0011.JPG
HI3B0013.jpg
HI3B0012.jpg
高藤氏の「夢見術入門」と重複する部分もあるが、次回より、実践内容をかいつまんで紹介したい。

posted by ポンタ at 00:28 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
夢見関係はまってますね!(笑)

私も初めて大周天が起こった時に
その仙女?に夢で会いましたよ

別にファックした訳でもなく
股割りの稽古をやらされましたけど(笑)
Posted by 大周天達成者 at 2016年12月27日 12:22
こんにちは。夢世界の女性は本当に綺麗ですよね。今朝も夢世界の部屋で彼女と世間話をしていたら、彼女が徐々にスカートをたくし上げて来ました。
白いレースの薄い下着が見えて来た所で、全身の毛穴から熱気が吹き出るくらいに興奮してしまい、目が覚めてしまいました(苦笑)。
あとはもう、目が冴えて眠れませんでした。
Posted by ポンタ at 2016年12月27日 18:53
へぇ!
度々出てくるんですか?
私はその時の一度きりですね

顔は今でもしっかり覚えてますよ
と、言っても特段の美人って程でも
ないですが

浅田真央さんと昔のav女優の結城瞳さんを
足して2で割ったような人!
可愛らしくはありますが
Posted by 大周天達成者 at 2016年12月27日 19:20
毎日じゃないですが、体内の陽気の調子が良い時には夢中で会えます。
とはいっても、出てくるのは毎回、全く同じ女性では無いですね。
持論では、もともと夢中の仙女は自分の気で作り上げた人格的存在なわけですから。
Posted by ポンタ at 2016年12月27日 20:56
たびたび失礼します。モモコですね、モモコっ知っていますよ・・・。菊池桃子から取ったのでは?(違ったかなぁ・・・。)夢の中で好きな彼女を抱ける・・・そして現実に生身の女性を抱いた後のような幻滅感やあるいはため息と責任がのしかかるようないわゆる「後腐れ」もない・・・というわけですね・・・。にしても実際に私の周囲では現実に妊娠ということになり、中絶カンパの強要が回ってくるなどありました。そういう俗世間を離れて漢文の世界に逃避したい・・・という願望が私にもあったわけなんですが・・・。一方授業中に小野田大蔵や高藤聡一郎、さらには葛渋の抱朴子なんぞを読んでいては先生にあきれ返られていた子(しかしお前も変わっているなぁ・・・って言われたものだった)でしたから・・・。で志望校は国公立大医学部からどこでもいいから文学部心理学科、そしてさらに二松学舎大学漢文学部からさらに高野山大学あるいは種智院大学、さらには文部省のさだめる四年制大学ではなく中国か台湾の道観・・・なんて先生に言い出したものだから「お前の人生だから悔いがないようにお前が生きるしかない。」といわれたものでした。そで学校近くの漢方薬店(針灸店や古書店も併設)に通っていたから、まったく変わった子でした。とにかく東京に出てきて、いろんな精神世界のグループを廻ったものでした。
Posted by チーズインハンバーグ at 2017年09月09日 20:34
チーズインハンバーグさんこんにちは、はじめまして。

お話の時代背景から察するに、ほぼ同世代のようですね、笑。

私も高校生の時、リアルタイムで新刊の高藤氏の著作「仙人になる法」を手にとって感激したクチです。
それまでの、ヨーガ等の曖昧でわかりにくい瞑想法とは一線を画す、実践的かつ刺激的な内容を盛り込んだ著作でした。
Posted by ポンタ at 2017年09月13日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: