2017年06月03日

夢見の行を実践するその2

少々、間が空いてしまったが、夢見実践法の2回目の記事である。

第一段階
*身体を意識的にリラックスできるようにする訓練
自律訓練法や、ヨガのリラックス法など、使いやすいものを行い、あお向けになったままのリラックスが完全に行えるように練習する。

*眠りと覚醒をコントロールする
リラックスができるようになった後、肉体と意識を切り離す練習を行う。
これにより「肉体は睡眠状態のまま、意識は目覚めている」という状態に移行できるようになる。

コツは、意識を小さくして、身体の一部分に移動させるか、体外に移すことだ。
通常、我々の意識は肉体と同じような大きさになったまま、なんとなく肉体と重なっている。
このままでは、肉体が眠ると意識も連動して眠ってしまうのだが、意識だけを小さく集中させ、身体と分離させる訓練を行うと、あら不思議な体験をするようになる。

高藤氏は、「あお向けの姿勢の場合、頭あるいは足から1メートルくらい離した上方に意識を置くのが良い」と言い、チベット密教の夢見法ではノドに意識を集中させろという。

具体的な書名は忘れたが、蹟見 冠という著者の本に、透視能力の訓練中に地鳴りのような音が聞こえたと思ったら、自分のいびきの音だったという体験談がある。

この著者の訓練法は仰向けになったまま、暗示テープを聞きながら深い瞑想に入っていくというものなので、まさに、肉体は睡眠状態になったまま、テープの音に集中していた意識のみが覚醒していたのだと推測できる。
(ちなみに、蹟見 冠氏の著作はアマゾンでは結構なプレミア価格となっている、苦笑)

私の場合も同様で、夢見の修行中に「ゴー」という地鳴りのような音が耳元で聞こえて、「うるさいな集中できないじゃないか」と思っていたら、それが自分のいびきの音だったという体験がある。

次の第二段階は夢の中に意識を持ち込む、あるいは夢の中で意識を取り戻す方法となる。
今回はここまでとする。

posted by ポンタ at 19:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: