2016年10月27日

仙道と快感の関係(夢の中で仙女と会う?)後編

まずは、「仙道錬金術房中の法」の一節から。
ーーーーーーー引用ここからーーーーーー
私は現実生活では、毎日、一人でツクネンと行に励んでいた。
まったく女っ気など無かった。いや、人さえ滅多に訪ねてこなかった。

ところが、先にも書いたように、夢の中にはしょちゅうう女性が訪れてきていたのである。
ただの女性ではない。美しく健康的で、しかも気のパワーに満ちあふれた女性たちだ。
あんな女性は現実では見たこともないといっておく。
しかも、現実の女性のように、触れるとはっきりとした触感さえあるのだ。
中略
これが仙女(アニマ)であることに気付きだしたのは、彼女と手をつなぎ合って気を回し合うという、仙道独特のトレーニングを始めたからだ。
中略
もっと関係が進んでからは、ズバリ、セッ○スまでいったこともある。
この場合、体交法の房中術を行う。
最高のエクスタシーに達するが、時間は永遠とも言えるくらい長く続くのだ。
ーーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーーーーーーー
上の引用文と前回の記事の最後の部分を対比してみると興味深い。
人から離れた環境で、禁欲し、異性の存在を強く意識するという共通点がある。

あらわれてくる異性のイメージ(物質化の度合いは様々だが)は、結局、同じものなのではないだろうか。
本人の意識と、気の練れた度合いによって変わっていく。

とはいえ、「この修行を行うときのコツは、暇さえあれば寝ることだ」という、高藤氏の言葉に尽きる。
睡眠時間や、睡眠の環境が自由にならない人にはできない修行なのだ。

高藤氏は、夢のコントロール法を、夢の中で異性に出会うための方法とし、かつてとある男性誌に投稿したことがある。
男性誌のタイトルは「モモコ」という雑誌だった。
このような感じの記事であった。
HI3B0011.JPG
HI3B0013.jpg
HI3B0012.jpg
高藤氏の「夢見術入門」と重複する部分もあるが、次回より、実践内容をかいつまんで紹介したい。

posted by ポンタ at 00:28 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2016年10月12日

仙道と快感の関係(夢の中で仙女と会う?)中編

前回記事の続き。
個人的には、夢のコントロールで、夢の中で仙女を出現させて、行為をしたいとは、現段階では思っていない。


なぜなら、相当に行が進まない限り、夢の中にでてくるのは、仙女(アニマ)ではなく鬼女だからだ。
高藤氏に言わせれば、「たいして行に励んでいなくても、あまりにアニマばかり求めると、ひょいと出現することがある」という。

前出の「仙道錬金術房中の法」には、本物の仙女とニセモノを見分けるチェックポイントが書かれている。
ーーーーーーー引用ここからーーーーーーーーーー
*毎日、行に励んでいないのに出てくる。
*行の段階が非常に低いのに出てくる。たとえば、仙道の段階でいえば、小周天くらいでだ。
*ごく普通の状態、つまり日常生活の場に出てくる。
*自分の目先の欲の充足のため、やたらに出てくる。
*はっきりした言葉をしゃべる。それが普通の人の話し声のようにきこえる。
*出現した仙女(アニマ)と、セ○クスなどをすると精が漏れてしまう。
(これは、鬼交という。いわゆる夢精だ。本物の仙女の出現の場合、絶対こんなことは無い)
*交流しても全然パワーがつかない。うきうきするような感じが無い。人が寄りつかない。

以上のチェックはかなり厳しく、ひとつでも該当したら、まがいもののアニマ、アニムスに取りつかれていると考える。
ーーーーーー引用ここまでーーーーーーーー

言うまでもなく、ニセモノの仙女(アニマ)と交流するということは、精は漏れ、自分の生命力を消耗させる。
そして、チェックポイントの最後の項目にあるような状態が悪化していく。
心も病んでいく。
最悪の場合は、、、。
これについて、「素女経 」という中国の房中術の原書で恐ろしい文章をみつけたので、紹介したい。
こちら
25節の「断鬼交」という項目を見てもらいたい。
これは、原文の直訳なので非常に分かりにくい。

「房中術と強精強壮薬」という本には、同じ部分について、非常に分かりやすい翻訳文があるので、長いが引用させてもらった。
(差しさわりがあるので少し表現を修正した)
ーーーーーーーー引用ここからーーーーーーーーーー
采女:鬼交という病気はどうして起こるのですか?

彭祖:それは、陰陽、つまり男女が交わりたいという思いが強いのに、それができないようなとき、鬼が人の姿を借りて相手をするのである。
この鬼との性交は、人間同士のものよりも快感が大きい。つまりイイのだ。
長い間鬼と交わっていると、すっかりその虜になって、他人にはそれを隠す。
だから、いつの間にかひっそり息を引き取ってしまい、誰もそのわけを知ることはできない。

この、怖い病気にかかったら、例えば男なら、決して精を漏らしてはいけない。
これを守って、昼夜休みなく行うと、重傷者でも、七日も経たぬうちに必ず治る。
体が弱っていて、押さえがきかないときは、深く挿入するだけで動かないことだ。
こうして治さないと、数年のうちに、危険なことになる。

信じられないなら、春か秋、深い山か大きな沢に入って、何もせずにただセ○クスの事だけを考え続けてみることだ。
三日三晩たつと、寒気がして発熱し、胸苦しくなって目もくらみ、やがて男は女の姿、女は男の姿を見るようになる。
そこで交わると、人間相手よりずっと素晴らしい。
しかし、必ず病気になる。それも難病なのだ。
ーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーー

なにやら、山小屋に一人で泊っていたら、深夜に見知らぬ美女が訪ねてきて云々というような、「雪女」など、山の怪談話を思い出させる内容でもあり、恐ろしい。


とかなんとかいいつつ、いよいよ次回は、予告通り、高藤氏が某男性誌に投稿した「夢の中で女性を抱く方法」なる、びっくり仰天記事を紹介したいと思う。
ではまた。
posted by ポンタ at 20:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

仙道と快感の関係(夢の中で仙女と会う?)前編

高藤聡一郎氏の学研から出版された著作シリーズ中、個人的に最も評価している著作「仙道錬金術房中の法」の中に、氏が夢の中で仙女に会い、体交法(いわゆる普通のセ○クスの事)を行ったという記述がある。

その時の快感の描写である。
ーーーーーーーーーー引用ここからーーーー
最高のエクスタシーに達するが、ただし、時間は永遠とも思えるくらい長く続くのだ。
だが、精は漏れず、翌日は気を回し合った時より、さらに充実した感じになった。
実に不思議に思ったものだ。
ーーーーーーーー引用ここまでーーーーーーーーー
普通の肉体ではない状態(体外離脱中)でのセ○クスの快感についての描写は、ロバート・モンロー氏も著作で報告している。
「耐えがたいほどのエクスタシーが続く。これに比べれば通常の性行為のエクスタシーは影のようなものだ」という。

ロバート・モンロー氏の体外離脱は、仰向けに寝た姿勢から行うモノなので、ある意味、覚醒夢と言えなくもないのではないかと、個人的には考えている。

普通の健康な男が、もし、「願いがなんでも叶う空間に存在できたら」何を願うだろうか。
言うまでもない。
そのような男としての当たり前の無意識から発する欲望が、上のような体験を生みだすのだろう。

だが、個人的には、夢の世界(リアルなので異空間と呼んでもいい)で女性と行為をしたいとは、現段階では思っていない。

次回、中編では、この行の危険性について書こうと思う。

そして、今から予告するが、最後の後編では、氏が昔、とある男性誌に投稿した「夢の中で女性を抱ける。夢のドリームコントロール」なる作品?に対して書こうと思う。


次回投稿の後編に続く。

posted by ポンタ at 20:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村