2015年11月23日

帝財術を使って相場(株、為替)で儲けられる? 帝財術を使って相場(株、為替)で儲けられるの?

記事タイトルの事を、帝財術を知ってから、十中八九誰もが考えることではなかろうか。

帝財術を応用して、株や為替で大儲けできるのではなかろうか、、と。

この疑問に対し、提唱者の高藤氏はきっぱりこう言う。
「おやめなさい」と。

帝財術のモットーはノーリスクで虚空からお金を引きよせることにあるという。

相場には、お金を失ってしまうリスクが必ず存在する。
帝財術ができるのなら、わざわざリスクを負う必要は無いはず。
虚空からお金を引き寄せられないから相場に手を出したくなるわけで、その程度の気のパワーしか持っていないのなら、相場をやっても失敗するのが関の山。

なんとも、手厳しいお言葉。
かくいう自分も、とてもとても耳に痛い。

そもそも、貧乏(高藤氏に言わせれば「素寒貧」)だから、帝財術を行うわけでではないか、、。
誰もかれもが、金気のパワーアップとお金の引き寄せに成功できるとは限らないじゃないか。
と、泣きごとの一つも言いたくなる。

次回は、高藤氏が「どうしても帝財術で相場をやりたいんなら、こんな風にしなさいよ」といくつかくれたヒントを書いてみようと思う。

ただし、ヒントはヒントであって、相場で大成功を約束するものではないことをお断りしておく。
(だって、そういう私自信が相場で成功しているとは全く言えないのだから)

posted by ポンタ at 00:00 | Comment(0) | 仙道帝財術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年11月22日

金気を活用した金の初歩的物質化法?

今回は金のごく初歩的な物質化法?を紹介したいと思う。
物質化法?と上に書いたように、厳密には虚空からお金を物質化させて出現させる方法とは言えないことをお断りしておく。
これは「こうして、思考は現実になる(2)」という本にあった「天国からの一円玉」というテクニックを帝財術風に改良したものだ。

1)気を回せる人は、気を回して、気を頭頂から出して頭の上の空間とつながったような感覚を出現させる。
(こうすると効果が高い)
できない人は、頭の上から空気を吸いこんでいるように想像する。

2)日本のお金の最小単位である、一円玉を想像しありありと視覚化する。

3)そのまま、しばらく普通の生活活動を行う。
あるいは、散歩などに出かける。

4)運と気が強ければ、短時間のうちに一円玉を見つけるか、拾うなどの直接的な経験が発生する。
そうならなくともしょげてはいけない。

これは、あくまでも気とお金を結びつける練習なのだから。
これを折に触れ行っていくうちに、小金を入手する機会がいつの間にか増えていることに気づくだろう。

こうして、思考は現実になる(2)」曰く、実験が上手く行ったときは、大げさでもいいから大喜びすることが成功の秘訣だという。

最後に付け加えておくが。
この実験(練習)を、気によって一円玉を物質化させて出現させているような意識を持って行うとさらに効果が増す。
言うまでもなく、帝財術的には気の力が強ければ強いほどより多くの金額を引き寄せられる。

単に思い込んだり、視覚化するだけより、気が感覚化できている人が気の感覚を活用する方が潜在意識の否定的な思考を制御できるからだと思われるが、、。
本当のところは自分も分からない。

問題なのは、このテクニックで引き寄せ(物質化)できるのは自分の意識の力(気の強さ)次第であるということ。
だから、(自分も含めて)大抵の人は大金を引き寄せることはかなり難しいと言わざるを得ない。

意識で大金を引き寄せる力を獲得するには。
高藤氏のように、「瞑想中に自分が自分でなくなってしまう、ものすごい恐怖を感じて逃げ出した」
というような圧倒的な経験が必要だと思われる。
posted by ポンタ at 00:17 | Comment(0) | 仙道帝財術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2015年11月21日

「仙道帝財術入門」の話題、瞑想法による金の実体化テクニック実例3

前二回の記事は高藤聡一郎著「仙道帝財術入門」に載っている、瞑想法による金の実体化テクニックの(大成功した)実例だった。
今回はその三回目、最終回である。

よくあることだけど、この三回目が金額的には一番である、苦笑。
(しかし、提唱者である高藤氏のスケールには程遠いが)

ではいってみよう。
ーーーーーーーー引用ここからーーーーーーーーーーー
三回目は、もう疑うことができません。
今度も自分の部屋で瞑想し、お金、お金と考えていると、紙屑の山が見えてきました。
あれっ、またかと眺めていると、またお金のように見えてきました。
今度は相当な枚数です。
どれどれと手に取ると20万円はありました。
もちろん大金なので、またまた心配になって家のみんなに聞いてみました。
でも、誰もそんなお金を落としていないというのです。
もちろん、そのお金が落ちていた場所は、とても外から札束を投げ込める場所ではありません。
それより、何度も同じことがあったからわかりますが、確かに何もないところから、お金が突然出現しているのです。
ーーーーーーーー引用おわりーーーーーーーーーーー

こうなってくると、一昔前に話題になった聖者サイババをほうふつとさせるではないか。

あるいは、カルロスカスタネダの「呪術師シリーズ」でも呪術師ドンファンが、帽子(だったと思う)の中からたくさんのものを取り出して見せる場面も思い出してしまう。
そのときドンファンはなんと、人間の運子(爆笑)までも取り出して見せたという。

さて、次回は、ちょっとした引き寄せテクニックの紹介である。
posted by ポンタ at 23:19 | Comment(0) | 仙道帝財術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村